新着情報COLUMN

夏のローブ特集

お風呂上りは火照りが鎮まるまでに、汗がダラダラとでていませんか? 特に夏の暑い夜、脱衣所で体の水分をタオルで拭きとりパジャマを着るかと思いますが、そこでまた汗がダラダラ・・・パジャマがしっとりとしてしまう事もありますね。そんな時には、当店の「わた音シルキーローブ」「オーガニックコットンかろやかローブ」は、いかがでしょうか。

 

 

お風呂上りは火照る

入浴により十分に温まった体は、体の熱を逃がす為に汗をかき体温調節をします。この入浴後の火照り、つまり体温調節をしている間の汗は、体をキレイに洗った後なので、さらっとした汗が出ます。しばらくすると鎮まりますが、タオルで水分を拭いても次から次へと汗が止まらないこともありますね。脱衣所に空調が無く、閉め切ってしまう為に夏は特に暑くなっているご家庭が多いと思います。一人暮らしの場合は、そのまま空調を効かせた涼しい部屋の移動もためらわずにできるかもしれませんが、家族や同居人がいる場合には、なかなかそうもいきません。そんな時にバスローブやローブが活躍します。火照りが鎮まるまで、適度な空調が効いている部屋に移動し、バスローブやローブを羽織りお肌のお手入れや髪を乾かすといった身支度をのんびり出来ます。その間にバスローブやローブが汗を吸い取ってくれます。そこで、乾いたパジャマに着替え、就寝につくと快適な睡眠を得られます。バスローブやローブを着用せず、パジャマをきてしまうと、パジャマが水分を吸収してしまい、湯冷めや風邪をひいたりする原因となってしまいます。尚、この火照りは人の機能としてとても大切ですので、出来れば極度に冷えた空間で短時間で体を冷ますよりも、ゆっくりと汗をだし体温が整うのを待つのも大切です。また、入浴から1時間~2時間後の睡眠が最適と言われていますが、それは入眠に最適な体温になっているからです。

「わた音」素材と特長

426x426Sシルキーローブソファシルキーローブの生地、わた音(わたね)は今治産タオル生地を楠橋紋織株式会社から仕入れております。

シルクのような光沢があり、とても柔らかく肌触りが良く、綿100%なので吸水性にも優れています。朱子(シュス)織りという光沢感をより引き立たせる織り方で仕上げられており、しなやかで光沢のある繊維長の長い最高級の超長綿を活かした仕上がりとなっています。

綿100%で、アメリカ産の高級ピマコットンを使用しています。高級ピマコットンは、長い繊維のコットン品種です。主にアメリカ合衆国のカリフォルニアで栽培されている綿で平均35mm以上の超長綿です。綿の価値は綿花の繊維の長さで品質が決まりますが、世界の綿の生産の1%も満たない、とても希少なものになります。

この貴重な糸、工夫した織り方の生地『わた音』は、ハンカチタオル、フェイスタオル、バスタオルなどが楠橋紋織株式会社オリジナルの商品として販売されています。

 

「オーガニックコットン スラブガーゼ」素材と特長

426x426recomendオーガニックコットンを使用したスラブガーゼは、オーガニック認証を獲得した安心安全な生地で有名な「天衣無縫」株式会社新藤からから仕入れた生地です。

スラブガーゼは、太さが均一ではない糸で織った生地。その為、糸と糸の間に隙間が出来るので、空気を含みやすい素材です。綿100%の素材ですが、麻のようなさらさらとした表面感が特長です。敏感肌の方赤ちゃんにも優しい生地です。

ガーゼとパイルを二重織りしているので、肌触りが良く、吸水性の高い生地。

生地が呼吸するように空気を通し、洗えば洗う程に肌馴染みが良くなる生地です。また、ホテル使用などの高級バスタローブのように厚さがないので、乾きが速いのも特長です。

暑い夏を快適に過ごすアイテム

バスローブ・ローブは、ご自身が心地よく過ごせる使い方をして頂くのが一番です。

今回ご紹介したわた音シルキーローブオーガニックコットンかろやかローブは、タオル地のバスローブと比べると薄くて軽いのが一番の違いで、夏は更に快適に過ごす事が出来ます。

・タオル地のバスローブよりも涼しい

・乾きやすい (湿気の多い季節の洗濯時はとても重要です)

・軽くて持ち運びが楽(リゾート地や温泉宿などの旅先でのくつろぎの時間に)

夏になると、バスローブは暑くて着ていられない!という方も、薄手を1枚もっていると快適に過ごせます。湯上りから火照りが収まるまで、就寝までの間の着用なら、着用後に干しておけば毎回洗濯をしなくても大丈夫です。パジャマ替わりに着たいという方には、寝汗をかくので、毎日のお洗濯をおススメしています。

この夏もとても暑くなりそうです。

節電にも、健康にも汗をだすのはとても良いことです。

快適に健康に過ごせるようほんの少し工夫してみましょう。

商品に関するご質問や気になることがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
☎ 03-3624-7938 (平日10:00-18:00) ✉ shopmaster@slouch.jp

お問い合わせフォーム

あわせて読みたい記事一覧