新着情報COLUMN

slouch&chicのバスローブの重さを比較してみました!

バスローブを選ぶ時に、肌触り、吸水性、素材、お手入れが楽なものなどから検討されると思いますが、どのくらいの重さかをお問合せ頂くことがあります。重さは素材やデザイン(袖丈・着丈やフード有り無しなど)によって変わってくるので、比較するのが難しいです。そこで、今回はどうやったら比較が出来るのかをご説明しつつ、当店の生地違いで同じデザインの商品を比較してみました。

①衣類の重さを比べる為には

・糸の種類や織り方、生地の重さ

・デザイン(衿やフードの有無)とサイズ感(袖丈や着丈の長さ)

②slouch&chicの商品の重さを比較してみました!

・商品の重さ順

③バスローブを始めて買う時は、どうやって比較する?

衣類の重さを比べる為には

バスローブの重さは素材によって大きく異なります。また、糸の太さや種類、生地の厚みや織り方など様々な種類がありますので、比較するのはとても難しいです。その為には、まず主なバスローブはどんな素材で作られているものがあるのかご説明します。

糸の種類や織り方、生地の重さは変わります

素材

素材 種類 特長 メリット デメリット
天然繊維 綿(コットン)、麻、シルク、ウールなど  吸水性がよく、肌に優しいのが特徴  吸水性が高く、肌触りが良い 生地が厚いと乾きにくく、水分を含むことで縮むことがある
合成繊維  ポリエステル、ナイロン、アクリル、ポリウレタンなど  吸水性だけでなく、速乾性もあるのが特徴  速乾性があり、短時間で乾く。比較的安価で販売されている 生乾きの臭いがつきやすく、耐久性が低い

表にあるように、天然繊維と合成繊維と大きくわける事ができます。主にバスローブで使用した場合の【素材の種類・特徴・メリット・デメリット】も表記しました。

それぞれの素材を糸に加工し、織り上げて生地となります。

・細い糸を緩く織ると軽くて柔らかい生地が出来る

・太い糸をきつめに織ると重く固い生地が出来る

このような仕組みで生地は出来上がります。現代では糸が空洞になっていたり、糸の太さを調節出来たり、異素材を混ぜて織る技術や、肌触りが良く滑らかに織り上げるなど、高度な技術が発達しています。

例えば、天然繊維は綿糸が主で、麻やウール、シルクの糸を混ぜて織った生地も増えてきました。

・麻⇒通気性が良く、吸水・吸湿性に優れています。

・ウール⇒吸湿性に優れ、冬は暖かく、夏は涼しい。抗菌と消臭機能があります。

・シルク⇒吸湿性・放湿性に優れている。静電気が起きにくい。人の肌に近い成分で出来ているので肌に優しい。

機能性に加え糸の太さも技術の向上により、細くても切れる事なく織れる丈夫な糸になりました。よって、吸水性が高く、肌触りが良い、軽い着心地のバスローブが出来ます。

 

また、合成繊維を使っているバスローブは、ポリエステルの糸で作られているマイクロファイバーという生地が主になります。
繊維に凹凸があり、その隙間に水分を一気に吸い上げることで、抜群の吸水力を発揮されます。糸一本がとても細く滑らかで肌触りが良く、軽いことも特長です。何よりも安価に入手出来ますので、お持ちの方も多いと思います。ですが、耐久性が低いので、再生繊維が使用されている物や、再生利用が出来るように捨てるなど、環境の事も考えつつ利用する必要もありますね。

生地の種類

バスローブで使われている代表的な生地の種類は上記の3つです。

生地の厚さや糸にもよりますが、それぞれの特徴についてご紹介します。

①パイル

フワフワとした肌触りで、吸水性が高いことが特長です。糸の太さ、パイルの長さ、生地の厚みなどで重さは変わります。

②ガーゼ

薄くて軽く、主に綿糸で作られており肌に優しいのが特長です。通常、何枚か重ねてガーゼ生地となりますが、2重~6重などもあり厚さを選べます。パイル生地と比べると薄くて軽い物が多いです。

③ワッフル

生地の凹凸によりさらっとした肌触りです。生地の厚さは、織り方によっていろいろですが、比較的薄くて軽いものが多いです。

上記のように同じ糸でも生地の織り方が違うと、肌触りがかなり異なりますし、生地の厚さも変わってきます。バスローブに求める素材は、「吸水性が良く・肌に優しい」が重要かと思います。

・生地が薄くて軽いガーゼやワッフル素材=着心地が軽く、早く乾く

・生地が厚めのパイル生地=適度な着心地、吸水性・保温性に優れている

 

このように、体表的なバスローブの生地ではそれぞれメリットが変わってきます。

パイル生地でも中空糸を使用したり、目を詰めずにゆったりと織る事でずっしりと重たくならないバスローブもありますし、

ガーゼを何重にも重ねたり、表がガーゼ生地で裏がパイル生地といったガーゼパイルなどの生地で作られたバスローブもあります。

バスローブの軽さを重要視している方なら、ガーゼやワッフルなど生地が薄めの軽い物を選ぶと良いですね。

デザイン(衿やフードの有無)とサイズ感(袖丈や着丈の長さ)

生地その物が軽くても、生地を沢山使えば使う程重くなります。

・バスローブには、衿やフードがあるとその分重みとなりますが、衿やフードがあると温かく、髪からの水滴も吸水してくれます。

・着丈や袖丈が長いとその分重くなりますが、手や足元まで温かく包まれ広い範囲の水分を吸水し、身体全体を覆ってくれます。

このように布を使えば使った分だけ重さは増していきますが、利便性が高まります。

slouch&chicの商品の重さを比較してみました!

商品の重さ順

当店の主な商品には、サイズ表の中におおよその重さを記載しております。

やすらぎバスローブやみつきバスローブかろやかローブわた音シルキーローブの順に

後者は着心地が軽いローブになり、生地の厚さも薄い物になります。

では、やすらぎバスローブが重いと感じるかというと、そうではなく、吸水力と保温、肌触りを兼ね備えて軽く作られています。シープ加工という加工を施しており、モコモコとした肌触りになり、空気を沢山含む事がで保温力が高まります。

やすらぎバスローブは、着心地軽く、しっかりと吸水・保温してくれるバスローブです。

あくまでも、当店の商品の中での重さ順になります!

素材の違い、デザインの違い、サイズ感の違いなどから、軽量化する為によりシンプルにしたローブや、重厚な質感と肌触りを求めた商品など様々な趣旨があります。

 

やすらぎバスローブとやみつきバスローブ

例えば、

定番商品の今治産やすらぎバスローブと今治産やみつきバスローブは、同じサイズとデザイン、つまり同じ型紙で作られています。

違う生地で作っているので、上記の写真のように比較出来ます。

やすらぎはパイルの長さが長めでよりふわっとしています。

やみつきはパイルが短めです。

生地の表面を見ると加工も違います。

やすらぎはパイルに摩擦をかけて、モコモコとさせる加工をしています。より、空気を含みも綿(ワタ)のように吸水性と保温を高めてくれてます。

やみつきは、パイルをカットして輪をなくして、滑らかにしています(ベルベットのような感じ)パイル生地でも軽くなります。

よって、重さは下図のような重さになっています。

  今治産やすらぎバスローブ 今治産やみつきバスローブ
Sサイズ 約 990g 約 880g
Mサイズ 約 1150g 約 975g
Lサイズ 約 1300g 約 1135g
XLサイズ 約 1400g 約 1230g

ほんの少しですが重さに差が出ています。

あくまでも個人的感想ですが、着用時にほんの少しやみつきが軽いかなと感じる位です。

どちらも着ていて重くて疲れるというような重さではありません。

注意点としては、ご自分に合うサイズをお選び下さい。大きすぎるサイズのバスローブはとても重たく感じますので。

バスローブを始めて買う時は、どうやって比較する?

さて、沢山のメーカーがバスローブをオンライン販売している中で、「試着が出来ないオンライン販売での購入は、どうやって比較すれば良いか?」です!バスローブをお持ちの方はお持ちのバスローブの重さを量ればよいですが、初めてバスローブを購入する方は、困りますね。

そこで、バスローブの重さを記載しているオンライン販売店もあるので、実際にご自宅にある衣類で比較してみることをおススメします!

バスローブは比較的ゆったりと着用するように大き目のサイズ感になっている商品が多いと思います。ですので、お持ちのコートのような丈が長めのアウターやカーディガンと比較するのが良いでしょう。コートの重さを測り、素肌に近い状態で着てみた感覚を基準に比較してみましょう。重く感じたのであれば、コートよりも軽い重さのバスローブを探してみましょう。

まとめ

当店では、主な商品のおおよその重さを記入していますが、オンラインでの購入は、羽織った感じを比較することが出来ないのが難点ですね。

軽いと薄手になり、厚手はそれなりに重さが出ますし、乾きやすさも比例しています。

デザインがシンプルなバスローブは比較的軽いと思います。衿の有無、フード有無、丈の長さなど確認して購入しましょう。600x800バスローブ干し方

また、ホテルにあるバスローブは業務用の洗濯機・乾燥機に耐えられるように、耐久性のある素材を使用しているところが多くあります。ですので、ずっしりとした丈夫な生地で作られているバスローブが多いかもしれません。

当店のバスローブは、フワフワと柔らかく軽い品質の高い綿糸で作られた生地を使用していますので、少しだけデリケートになります。家庭用の洗濯機で洗濯ネットに入れてのお洗濯、干す時にはハンガーでなく、逆さにしてピンチハンガーにて風通しの良い場所で陰干しを推奨しております。

機能性(吸水性)、着心地(肌触り・重さ)、お手入れ方法などの様々なメリット・デメリットはありますが、ご自分のライフスタイルにあったバスローブを探してみて下さい。

slouch&chicでは、綿100%今治産タオル生地を使用しています。

426x426やすらぎバスローブ背景ブルー今治産やすらぎバスローブ

パイル生地の表側をモコモコになるように加工した生地です。モコモコとした肌触りは優しく保温してくれます。また、パイルを加工によりループを引っ掛けてしまう事が少ない生地になります。

濡れた肌にそのまま羽織れば、すばやく水分を吸収、タオルで拭いた後に羽織っても、しっかり汗を吸収。どちらも水分蒸発を防いで肌を保湿してくれます。入浴後やお部屋でのやすらぎの時を過ごせるバスローブです。

426x426reccomend今治産やみつきバスローブ

今治産の生地を使ったフワフワ・モコモコと柔らかな肌触りのバスローブ。表面はシャーリング加工がしてあり光沢がでて高級感あります。肌につく内側は、パイル生地で吸水性抜群ですので、濡れた肌に直接羽織っても良し、乾いた状態なら保温性を活かしてガウン代わりにも使えます。

思わず頬ずりしたくなる、やみつきバスローブです。

あわせて読みたい記事一覧