新着情報COLUMN

冬こそバスローブを活用しましょう!

一段と冬らしく寒くなった12月。寒いと入浴が面倒になる方いませんか?元々入浴が苦手な方、入浴は好きだけど寒い脱衣所で服を脱ぐのが嫌と、様々な理由で冬の入浴回数が減ると思います。そこで、お気に入りのローブやバスローブを使って快適な入浴をしませんか。

入浴のマストアイテム

現在の住宅は気密性が高く暖房器具がない部屋でも室温の差がない住宅や、全館空調が整っている住宅もありますね。ですが、換気をしたり、節電の為に暖房器具の使用を控えたり・・・特に廊下・トイレ・脱衣所は、人が過ごす部屋よりも寒く、暖かい部屋からでるのが億劫になりがちです。

寒い脱衣所で服を脱ぐとなると寒がりさんには、なかなかの難関です。特にお子様は寒い場所での脱衣を嫌がりませんか?または、入浴後に脱衣所から裸のまま飛び出し走り回ったり・・・大人にとっても浴室から出て、寒い脱衣所で濡れた体を拭くのが、せっかく温まった体に刺激を与えます。そこで、ローブやバスローブが活躍します。

・入浴前に、脱衣所と浴室を温めておきましょう。

・バスローブやタオルは、浴室から手の届くところに準備しておきましょう。

・入浴後は、浴室の中で体の水分を拭き取りバスローブを着ます。そして、脱衣所で足元を拭きましょう。

・暖かい部屋で、ゆっくりとお肌のケア、髪のお手入れをして、火照りが収まるまでバスローブで過ごしましょう。

・火照りが収まったら、素早くパジャマに着替えて、冷えないようにガウンやローブを羽織りましょう。

バスローブの選び方・使い方

バスローブは様々な素材で作られています。バスローブなのか、ガウンなのか、ローブなのか区分けが難しいですが、まず用途を決めましょう。

バスタオル替わりに使うのなら、濡れた体に着用するので、水分の吸収が良いものを選びましょう。また、体の水分を軽く拭き取ってから、火照りが収まるまで着用する場合も水分を吸収するタイプが良いでしょう。

パジャマの上から羽織るなら、ガウンです。湯冷めしないように保温性のある素材がおススメです。

用途が決まったら、お手入れ方法も調べて、素材を決めましょう。

・吸収性が高く、肌に優しいのは綿100%等の天然繊維です。パイルやガーゼ、ワッフルなど、厚手の物から薄手の物まで、種類が豊富です。暖かさも求めるのであれば、厚地の物が良いでしょう。

・吸水性が高く、速乾性があるのは化繊が混ざったマイクロファイバーなどの化学繊維、乾くのが早いのでお手入れがしやすいです。ただ、化繊は匂いが付きやすかったり、人から出る脂質が洗濯で落ちにくい事があります。速乾性があるので、こまめにお洗濯をして匂いが付かないようにしましょう。

定番のやすらぎバスローブとやみつきバスローブ

suc-RB2001-021_bath_kv02 今治産やすらぎバスローブ

定番のショールカラー

今治産、綿100%で吸水性と保温性に優れたバスローブです。

肌触りが良く、優しく体を包んでくれます。

 

 

NEW今治産やみつきバスローブ580x362KVピンク

定番のショールカラー

今治産、綿100%で吸水性と保温性に優れたバスローブです。

やすらぎとの違いは、生地です。こちらも、肌触り抜群です。

ベビー・キッズ・ジュニアとお子様用も豊富です

suc-IB2016-022_poncho_kv01

今治産ベビーポンチョ

頭からすっぽりと被るタイプです。

 

 

 

suc-RB2001-022_bath_kv04

 

今治産やすらぎキッズバスローブ

可愛いくま耳つき、ボタンを留める練習もできます。

 

 

 

 

今治産やみつきキッズバスローブ580x362前3色

やすらぎとやみつきは生地が違います。

 

 

 

580x362一人でお風呂に入れるお子様にも

今治産やすらぎJrバローブ

サイズが小学生中学年位までのお子様用です。

まとめ

日本国内の家屋は、廊下やトイレ等、人が滞在しない場所では空調を設備していない方がまだまだ多いと思います。節電対策をする上では、一つの場所で空調を共有すれば、電力消費も少なくなりますね。ですが、冬は気温差が激しい事によりヒートショックが起る心配がありますので、浴室、脱衣所の気温差には気をつけましょう。急に寒い脱衣所で服を脱ぎ、入浴することはかなり危険です。浴室暖房などの機能をお持ちであれば、上手に使いましょう。廊下の移動などは、ローブやバスローブ、ガウンを使い体を冷やさないようにしましょう。

ご高齢の方は、入浴による疲れやのぼせなどで、すぐに着替えが出来ない時もありますね。そんな時はバスローブを羽織って暖かい部屋で休憩をしてからパジャマに着替えましょう。湯冷めの心配もなく、お過ごし頂けます。

自分に合うとっておきのバスローブ、探してみて下さい。

あわせて読みたい記事一覧